二日酔いはとても辛いですが、懲りずに何度も繰り返す人も多いようです。 本当に苦しい思いをして、「もうお酒は飲まない!」と心に誓っても時間が経てば忘れてしまいます。 お酒を飲み過ぎると二日酔いになるようですが、そんなに飲んでいなくてもなる時もあります。 では、この二日酔いとは、体でどのようなことが起こっているのでしょうか。

スポンサードリンク


二日酔いは辛いけど・・・

お酒を飲んでいるときは楽しくて翌日のことなど忘れてしまいます。
ついつい、お酒が進んでしまい夜遅くまで飲んでしまうこともありますよね。
結果、翌日になっても、お酒が体内にまだ残っていて、二日酔いになるわけですが、ご存知の通り、二日酔いはひどく辛いですよね。

嘔吐が止まらずトイレに何度も行ったり、何も食べられなくなったり、水分さえ取れないほど気持ち悪くなることもあります。
また頭痛が止まらず、頭がガンガンして何も出来なくなる人もいるでしょう。
これは、お酒の弱い人だけが二日酔いなるわけではありません。
体がアルコールを分解できないくらいのお酒を摂取すると、こうなってしまいます。
弱い人でも、強い人でも、自分がどれくらいまで飲めるかと適量を知っていなければなりませんよね。

翌朝から二日酔いがどれくらいの時間、続くのでしょうか。
その継続時間については、その人の体質で変わってきます。
肝臓がどれだけ働けるか、アルコールを体内で分解する能力、これらによって違ってきます。

また、酔いが完全にさめるまでの時間は、何に関係してくるのでしょうか。
それは、飲んだアルコールの量と、その人の体重、また、摂取したアルコール度数、飲んでからの時間に関係してくるようです。
そもそも日本人は人種的に、アルコール分解力がそれほど強くない人種と言われています。
と言うことは、イコール、二日酔いになりやすいのです。
自分はお酒に強いと思っていても、過度のアルコール摂取は肝臓を傷めるだけですから、体も肝臓もいたわってあげたいものですね。


■応援サイト■

激安のぼり 
激安のぼりの既製品から特注まで承るウェブサイト。

のぼり 印刷
のぼりをオリジナルデザインで印刷し全国にお届けできるサイト。

デザインTシャツ
デザインTシャツを独自のデザインで制作できる、専門のネットショップ。

▲このページのトップへ